がん保険は医療保険では足りない部分を保障する

今は2人に1人がかかる病気「がん」。医療保険に入っていれば大丈夫と思う人も多いようですが、がんになってしまうと治療が長引きます。
そこにがん保険の必要性があるのです。

医師にがんと診断されたら、がん診断給付金が受け取れます。
100万〜300万ほどのお金で、これを入院費用に当てたり保険適用外の治療を受けたり、自営業の人なら休業補償になります。

がん診断給付金は一度きりなのか複数回受け取れるのか、確認が必要です。再発した場合でも部位が違っていれば受け取れないなど、がん保険でも細かい違いがあります。また上皮内新生物(初期がん)でも受け取れるかどうかなど、支払い条件について確認しておきましょう。

がん保険の入院給付金は、医療保険と違って日数制限がありませんので入院が長引いても安心です。ただし、最近はがんの手術をしても早めに退院して、後は通院で治療を続けるようになってきています。

通院保障に注目して保険を選ぶほうがいいかもしれません。この場合「入退院後の通院」のみの保障となっていて、入院しなければ保障されません。
がん保険は加入してから90日後でないと保障は受けられません。加入を迷っている人は早めに検討したほうがいいでしょう。